見てプレーして野球の面白さを味わう

野球といえば、定番の人気があるスポーツです。プロのみならず、高校、社会人などアマチュアの野球と幅広いです。海外に興味あるならば、メジャーリーグも大人気です。且つ海外でもチームはかなりあるので、とても幅広くプレーしている国はたくさんあります。さて、一番多く知られているのが、プロのリーグの可能性が高く試合の観戦に行くと、ファンで休場が埋め尽くされているということがあります。アマチュアにも同じことが言えますが、知られていないリーグたとえば大学のリーグによっては、試合によっては長閑な雰囲気の中で観戦もできます。次に、見るだけでなくプレーすることも面白味の一つです。ここでも、アマチュアを中心に見てみると、草野球などが挙げられます。ほかにも個人の楽しみ方として、キャッチボール、バッティングセンターや場所によってはストラックアウトもあります。実際にプレーしてみてまた違った角度で深い味わいを感じることができます。スポーツショップに行って、関連商品を見ることも楽しみの一つです。たとえばひとえにグローブといっても大きさだったりメーカーだったり実に多種多様です。試合を見ることだけにとらわれてしまうのではなく、グッズ、プレーにもまた多角的に見れる要素があります。

少年野球を始めるということ

甲子園で活躍する選手であったり、プロ野球の選手というのは小学生のころから野球をやっていたというケースが非常に多いです。やはり、いつ始めるかというのは関係しているかもしれません。中には中学生ころからという方もいますが、ほとんどの方は小学生からです。小学生というなんでも吸収しやすい時期に、冬寒くて夏暑い、過酷な状況の中での練習や試合、また厳しい練習を乗り越えるということは、精神的にもとても強くなります。たとえプロにならなくても、甲子園に出られなくても、続けていたということだけで、とても強くなれるものです。特に小学生の頃ですと、親との連携が必要になります。お茶当番であったり、父親もコーチとして参加するケースも多いために、勝利や惨敗を親子で喜んだり残念がったり、共通の会話も増えます。土日祭日が練習というところが多いために、遊びで出かけるということが少なくなることは事実ありますが、それでも得られるものというのはとても大きいですし、運動機能だけではなく、心の成長もしていくことができます。親子の絆も深まりますし、またプロ野球選手になりたいという夢をお持ちのお子さんも多いこともあり、注目されています。

『野球』 最新ツイート

@casera2635

普段と何も変わりないし、これが「野球」ということだと思います。 イチロー

22秒前 - 2015年05月23日


@corklon

東大野球部連敗94でとまったの!?

23秒前 - 2015年05月23日


@shun_0517

@ts_11yh ひでぇwww 野球は……ジョンソンもたまにはこんなこともあるとだけ。(今村もえらい燃えたけど) しかし、敵ながら雄平とミレッジは大丈夫だろうか。 あんなぶつかり方したらしばらく離脱確定だろうし、西岡と福留や梶谷と筒香の事故を思い出したわ……

23秒前 - 2015年05月23日



Copyright (C) 2015 「ナイスボール」All rights reserved.